2015年5月30日土曜日

ブルー・ホール・海から(ベリーズ) / Great Blue Hole - Scuba Diving (Belize)

昨日は遊覧飛行で空からブルーホールを楽しみましたが、今日はスキューバダイビングに挑みます。

海から

Amigo del Marというダイビングショップでお願いしていたブルー・ホール、Half Moon Caye、魚が多く見られる「水族館」と呼ばれる三カ所を巡るスキューバダイビングツアーに参加しました。(ダイビングしない人はシュノーケリングをできる。)

朝5時半にショップに集合。朝食を用意しておいてくれた。
食べながらダイビングの免許のレベル、潜った回数、何かあった時の連絡先を記入したり、Disclaimer(ダイビングショップに責任を問わない)に署名したりする。

出航!今日は満員です。

ブルー・ホール / The Great Blue Hole
到着
上の薄く見える暗い青の部分がブルー・ホール。
もうちょっと近くで見ると、
やはり海面からだとよく分かりません。

ダイビングのお店でカメラを有料で貸してくれたので、写真撮影にトライしましたが、実のところ暗くてよく撮れませんでした。

ただただ下に潜る。壁は鍾乳洞のようになっていて、写真左上の様なものでごつごつしていました。

目下にサメを確認。ベリーズにいるサメは人間を食べたいとは思わないらしく、人間の体内から出た血の匂いなどで寄って来ては、見知らぬ物体とみて噛み付いてくるらしいです。出血をしないように傷を負わないのがキーですね。

ハーフ・ムーン・キー / Half Moon Caye
その後ツアーは、Half Moon Caye Natural Monumentへ。入園料はツアーに含まれていなかったので、現金を持参する。USD 10.00 BZD 20.00

ビーチでお昼を食べて、残り時間は園内を散策。


ダイビングを一緒にしてくれたダイブマスターが一人旅の私に気を遣ってくれたのか、鳥を見に行こうと誘ってくれました。
途中珍しい植物に目を留める。


野鳥観察台。

観察台から鳥の巣が良く見えるらしい。確かにたくさんいた。

帰り道、やどがりを発見。

その後、公園周辺でダイビング。
カメラの設定が間違っていたのか、撮った写真全てが青っぽくなってしまった。肉眼だととても色鮮やかに見える。

映画「ニモ」に出てくる色鮮やかな熱帯魚もいた。けど、写真にはおさめられず(悲)。

「水族館」 / The Aquarium
今日最後のダイビングスポットへ。
人に興味がある魚もいて、寄ってくる。

ダイバーの方々がお昼の残りのごはんを水中で撒いて、魚を寄せてくれる。
良いサイズの魚が一度に大勢寄ってくると、何気に怖い。
ので、ダイバーの方に途中でやめてもらいました。

帰りはラム酒で作ったフルーツ味のカクテルを作ってくれて、船の上でちょっとした飲み会。お店のダイバーの方を含め、湿気のある暑さという天候もあってか皆さん結構飲める。
帰りは船酔いすることもなく、楽しい帰路になりました。


知っているとお得!・・・かも?

  • 船の移動時間がとにかく長い。往復で5時間以上はあったと思います。酔い止め対策、暇対策を考えておいた方が良いかも。
  • 船酔いしてしまったけど、薬がない! そんな時は、
    • ビニール袋などに氷を入れて、首の後ろにあてる。「酔い」を感じる神経を冷やすことで、船酔いを少なく感じることができるらしい。
    • 準備ができるなら、ペットボトルの水を凍らして持参すると、溶けたら飲めるので一石二鳥。
    • 手のひらの下から指二本分開けたところに酔い止めのつぼがある。左の方が効くらしい。
    • 風にあたる。
    • なるべく遠くの水平線を眺める。
  • ブルー・ホールでのダイビングはただ沈むだけなので、いつもよりも重りを多めにすると良いらしい。

滞在先:サン・ペドロ

訪問日:2015年5月24日

2015年5月23日土曜日

ブルー・ホール・空から(ベリーズ) / Great Blue Hole from the Air (Belize)

昨年グランド・サークルへ一緒に行った友だちが、「ブルーホールに潜りに行かない?」と誘ってくれたので、10日間の休みを取って行くことに。(しかし、その友だちは出発3週間前に急遽日本帰国となり、私一人の旅になりました。)

公式かどうかは分かりませんが、ウェブサイト

空から

今回お世話になったのは、Tropic Airさん。遊覧飛行をしたい、とホテルにメールしたところ、チケットの手配をしておいてくれました。

海の天気は変わりやすいのと、気温がさほど高くならないということで、朝一番の飛行に申し込みました。

出発の15分前に空港到着。カウンターでチェックインと支払いを済ます。(ここで気づいたのですが、ホテルの方への手数料はありませんでした。)


搭乗券はこんな感じ。大きな水槽のあるところで待つ。後で、「グリーンのチケットを持ってる人〜」みたいな感じで呼ばれます。

遊覧船。

グリーンの搭乗券を呼ばれてから外に出たのは私一人。もしや、、、と期待していたら、搭乗するのは私のみ!係の人にお願いして、機長さんの隣に座らせてもらいました

出発!

 サン・ペドロの町がすぐ小さく見える。

色が薄いところは水深が浅い。ボツボツして見えるのは珊瑚。

ブルーホールまで、小さな島々を見ました。
(それぞれの島の名前を機長さんに教えてもらったのですが、たくさんあって忘れてしまった・・・。)

島ごとお家にしているところ。





水深の変化が多いところ。浅瀬に船がぶつかってしまうこともあるみたい。

こんな風に・・・。

遠くに目的らしい、濃い円形を発見。

遂にきました〜。


こうやって見ると魚の形をしている。

白い船はダイビングやシュノーケルをしている人たちです。
明日はブルーホールにスキューバダイビングをしに行きます。晴れると良いな。

サン・ペドロに戻ってきました。

「ブルーホールは空から見るのが一番さ!」と、機長が言っていた。水面と同じ高さにいたらどんな風に見えるのかは、明日のお楽しみ。

遊覧飛行は2015年5月時点で550USドルくらいでした。

滞在先:サン・ペドロ

飛行日:2015年5月23日

2015年5月16日土曜日

サンフランシスコ(米国) / San Francisco (USA)

サンフランシスコは3度目の訪問。今回は出張のついでだったのであまり観光はできませんでしたが、見れたところだけ紹介したいと思います。

みどころ

ケーブルカー / Cable Cars
サンフランシスコに来たら是非乗ってほしい。できれば始発乗り場から乗ると、景色がよく見える席に座れます。(写真左のベンチがオススメ)
片道$6.00。ケーブルカーに乗ってから車掌さんに払います。細かいお札を持っていると便利。


ブレーキ

フィッシャーマンズワーフ / Fisherman's Wharf
サンフランシスコに来たらクラムチャウダーを食べなくては!ということで、やってきました。(ウェブサイト

屋台の様なお店が並ぶ。

Sabella & La Torre:一番人が並んでいるように見えたここをトライ。このお店はレストランもあります(ウェブサイト)。

パンに入ったクラムチャウダー。
これだけでお腹一杯になると予測していたのですが、ウィンドウケースにあったロブスターが気になって購入。

ロブスターを縦に切った半分。でかい。
エビを食べるのに醤油を持ってくればよかったと思う。

他に生ガキもオススメ。
(私は友人が生ガキをLAで食べて、ものすごくお腹を壊したのを聞いてから、生ガキがこわくて食べれないのでトライしませんでした。)

ペインテッド・レディー / Painted Ladies
ヴィクトリア調のお家。


隣にある公園が傾斜になっているので、上の方に登って見ると、家の後ろにサンフランシスコの景色が入った絵葉書などでよくある景色が見れます。

ちょっとみどころ

ユニオンスクエア / Union Square

レストラン

La Mar Cebicheria Peruana
場所:Pier 1.5 The Embarcadero, San Francisco, CA 94111(ウェブサイト


ディナーの予約はしていったのですが、港が見える席ではなかったので、パティオの席が空くまでバーで時間をつぶすことに。

まずはピスコを使ったお酒から。
左:Pisco Sour ($12)ペルーの定番のお酒。
右:Maracuya Sour ($12)はパッションフルーツが入っていて飲みやすい(甘め)。

パンの代わりに、プランテインを揚げたチップスを出してくれました。
バーに座るなら、メインディッシュなどをお願いしない限り普通は出てこないものだと思います。ドリンクのおつまみにしたいなら、有料でも良い覚悟でお願いしてみましょう。

これが美味しくて、食べ過ぎたことを後で後悔しました。

30分+待って、やっとテラスの席でお食事。

左:Ceviche California サーモンとアボガドが好きなのでトライしてみました。おいしい。
右:Today's Menu (本日のメニュー)にあったシーフードイカスミパスタ。美味しかったけれど、お腹一杯で半分くらいしか食べれなかった・・・。(ので、もちろんお持ち帰り。)

The Hidden Vine
場所:408 Merchant Street, San Francisco, CA 94111(ウェブサイト
ワインバー。"Hidden"(隠れてる)という名前が付いているというだけあって、メイン通りより奥まったところにあります。ですが、私は12時過ぎまで飲んでいましたが、危ない場所という感じはしませんでした。(遠くのホテルに滞在しているなら、帰りはタクシーをよんでもらった方がいいかもしれません。)


カリフォルニア産のワイン中心かと思いきや、ヨーロッパ、オーストラリアなどからも取り寄せていて、種類は豊富。

左:Torio of Sliders ($21)。
右:Roasted corn, red onion, tarragon, heirloom tomato, bacon and ricotta crostini ($16)。(材料のリストではなくメニューとしての名前を付けてほしい。)

お支払いのビルは、本に挟まれて。皆思うままに書き込みをしていってました。

ショッピング

UNIQLOUnion Square San Francisco店
場所:111 Powell Street, San Francisco, CA 94102

くるくる回るマネキン。
日本にあるお店に比べると、かなりお洒落。

おみやげ

Ghirardelliのチョコレート。
サンフランシスコと言えば、ケーブルカー。ケーブルカーのイラストが入った缶は、チョコを食べた後も入れ物として使えそう。
後で知ったのですが、ギラデリは今も続いているチョコレート屋さんでは一番古く、1852年にサンフランシスコから始まったそうです。アメリカ産のチョコレートの中では美味しい方だと思います。

宿

Club Quarters 
日本にあるシティーホテルか、ビジネスホテルの様な感じ。部屋はこじんまりとしているのだけれど、機能的。
ただ、防音はしっかりしていないよう。予約する際に、角部屋をお願いすると良いかも。


各フロアに空きのペットボトルと、フィルターされたお水の機械を無料で使わせてくれる。ペットボトルの水が有料で売っているホテルに比べると、助かります。

ロビーには、無料でカプチーノ、ラテなどを作れるコーヒーメーカーがある。これもスターバックスに行く手間が省けて助かります。

Marriott (San Francisco Marriott  Marquis)
場所:789 Mission Street, San Francisco, CA 94103
一泊するごとに航空会社のマイルが貯まるので、マリオットに滞在するのが多いのですが、ここのチェックインサービスは良かった。
この日は朝9時半から夜11時半まで会議と電話会議がみっちり。夕飯を食べる暇もなく、疲れきった顔でチェックインすると、部屋をアップグレードしてくれて、ウォーターボトルを二本くれて、なおかつモーニングコールは入り用ですか?と聞かれた(普段は聞かれない)。

知っているとお得!・・・かも?

  • サンフランシスコ市の規定で、スーパーやお店の袋は有料、$0.10(約12円)です。ビニール袋を持参するか、ショッピングバッグを持参すると節約になるでしょう。
  • 海に近いということもあり、天候が変わりやすい。日が落ちてから冷えたりします。ダウンジャケットのようなものがあると重宝すると思います。

訪問日:2015年5月2〜5日、2004年7月、2001年4月