2015年7月18日土曜日

サン・イグナシオ(ベリーズ)/ San Ignacio (Belize)

ガテマラにあるX遺跡と、ベリーズのカラコル遺跡に行く為に滞在。ベリーズシティからバスも出ているそうですが、私は手っ取り早くセスナで移動。

周りは熱帯雨林。

サン・イグナシオ空港
今まで使用した空港の中で、一番小さかった。セキュリティーチェックなし。


外でのんびり待つこともできる。

もちろん、搭乗客わたし一人。

なので、機長さんの横に座らせてもらいました〜。これも貴重な体験。

スーパーマーケット
カラコル遺跡ツアーの帰りに、調味料、飲み物、お菓子、を買う為に寄ってもらいました。
New PK Super Store

ベリーズを代表するスパイスソース、Marie Sharp's。自分用とお土産用に何個か購入。(日本でも買えそうです→ウェブサイト
海藻ジュース、バニラ味
海藻と言えばワカメの様な味を想像しますが、このジュースはカルピスのような舌感で、バニラ味。
体に良いので、お試しあれ。








プランテインチップス
ちょうどいい塩加減で美味。

宿

Windy Hill Resort & Tour Company <ウェブサイト>
サン・イグナシオの町中心部からは離れていて、周りに何もありませんが、レストランもホテルにあるし、ツアーも迎えに来てくれるので、不便は全く感じませんでした。

メインオフィスとその中にあるお土産屋。

いかにもジャングルに来ました、という風情を楽しみたかったので、部屋はコテージをチョイス。

部屋のWiFiが弱かったのと、部屋に冷蔵庫がなかったのが難点でしたが、清潔感、サービスは◎。WiFiはバーでなら良くつながりました。

レストラン

ホテルの敷地内にある。天井が高くて、涼しい。


無性にフレンチフライが食べたくなったので、ハンバーガーとポテトをオーダー。

ティラピアと川で捕れる白魚


 朝食はツアーのバンの中で食べたかった為、ボックスに入れてもらいまいた。

滞在日:2015年5月27日〜31日

2015年6月20日土曜日

シュナントゥニッチ遺跡(ベリーズ) / Xunantunich Archaeological Reserve (Belize)

ラマナイ遺跡の33メートルより高い、40メートルピラミッドがある。サン・イグナシオの中心部の近くにあって、アクセスしやすい。

滞在したホテル、Windy Hill Resort & Tour Companyにツアーをお願いした。参加者は私一人だったので、質問したり、写真を撮ってもらったり、途中のお土産屋さんに寄ってもらったり、気兼ねなく楽しめました。

手動で動く船(?)で車ごと川を渡る。


遺跡に入ってすぐのところに発掘された遺跡の部分が展示されています。その中でも、遺跡を巡る前に是非見ておきたいのが、当時の遺跡の模型。

遺跡を入って左側方面。中央に見えるのがエル・カスティーヨの40mのピラミッド。
右周りで見ていくので、このピラミッドを見るのは一番最後になりました。

入り口に入って右側にあったピラミッド。

土台がきれいに復元されています。

向かって左から登れる。途中スパイダー・モンキーを見かけました。

頂上からの眺め。

この遺跡で一番大きなピラミッド。

向かって右から登って行きます。
こうして見ると、日本のお城みたい。

周りは見渡す限りジャングル。すぐ向こうは隣国のガテマラです。


通路の幅を見ると、マヤの人は小柄だったんだと思われます。


ピラミッドの下の部分に何故か横になっている人面像。

ピラミッドに付いているのは復元されたもので、本物は遺跡入ってすぐのミュージアムにあります。

いわゆる「ジャングル」という木。


おみやげ

公園入り口手前、川を渡るところにお土産屋が数件ある。

このお店は、鍋つかみ、ちょうどいいサイズのポーチなどが置いてあったので、まとめてお土産を買いました。こういうお店は現金のみ。おつりの確認を忘れずに。

あったら便利!

  • 虫除けスプレー
  • 日焼け止め
  • 帽子・サングラス
  • 現金(お土産とガイドさんへのチップ用)

滞在場所:サン・イグナシオ
訪問日:2015年5月27日

2015年6月13日土曜日

ラマナイ遺跡(ベリーズ) / Lamanai Archaeological Reserve (Belize)

ベリーズにある最も大きなマヤ遺跡の一つ。寺院に人の顔の彫刻があるのが特徴的で、一目見たいとサン・ペドロから出ているツアーに参加しました。お願いしたツアー会社はSeaRious Adventures

朝7時、ホテルの前にあるデッキにボートで迎えに来てくれる。

ツアー参加者は全員ボートでお迎え。
移動中に朝食を出してくれました。
オレンジジュースと、パンに鶏肉と豆料理が挟まったもの。豆料理が苦手な私には向かない味。

マングローブ。

途中、マナティー発見。中央グレーのもの。本当にマナティーだったのか分かりかねますが、撮影。

ボートから降りてバンで移動。

南国らしいお花。

バンで移動後、違う川をまたボートで移動。
移動中、ソーダ(缶ジュース)かビールを一本もらえました。もちろんベリーズの代表的ビール、Belikinを頂く。

色がきれいな鳥や、クモザルを途中で見かけました。サルは餌を与え慣れていて、ボートを止めると寄ってきました。ガイドさんがオレンジなどを与える。

遺跡に着いたのは、出発から約4時間半後のお昼近く。
早速、腹ごしらえ。
メニューは鶏肉、豆と一緒に炊いたご飯、マッシュポテト。他のツアーに参加しても大体似た様なメニューだったので、ベリーズの定番弁当・料理かもしれないです。

Mask Temple
人の顔を型取った彫刻(復元)が付いている寺院。


寺院の上に登れます。

High Temple
名前の通りラマナイ遺跡の中で一番高い寺院。高さ33メートル。

 寺院の上まで登れます。

上からの景色。

寺院の上からは遺跡周辺のジャングルも見渡せる。

Jaguar Temple
ジャガー寺院


寺院の下の部分にジャガーの顔をした彫刻が両サイドにある。

向かって左側のジャガー。日本のお祭りに使われる獅子のお面みたい。

帰路、ガイドさんの奥さんが作ったというココナッツタルトを頂いた。ラム酒をかけると美味しいと言われ、トライ。

自然のマンゴーの木から、食べごろなのを選んでガイドさんが採ってくれました。


マンゴーとラム酒入りフルーツポンチで乾杯。
なんだかアルコール分の多いツアーでした。

海で泳ぐ時間も作ってくれました。
お酒を飲んだ後でも泳ぐ。ベリーズ流?
私は水着を用意してこなかったので、ボートで待機。

おみやげ

遺跡内のお土産屋さん。

全員右を見ている人形。

あったら便利!

  • ウィンドブレーカー:ボートの移動で、数時間風に当たっていたせいだと思うのですが、ツアーの後発熱しました。薄手の長袖など風から体温を奪われないようなものが一枚あると便利
  • 虫除け:海辺の周辺には蚊はあまりいませんでしたが、遺跡のあるジャングルは刺されます。
  • サングラスと帽子
  • スイスアーミーナイフ:マンゴーの皮を剥くのに役立った。
  • 水着:海で泳ぐチャンスがあるかも。

滞在場所:サン・ペドロ
訪問日:2015年5月25日